うちわは歴史の中でどのような使われ方をしてきたのか

うちわは歴史の中でどのような使われ方をしてきたのでしょうか?どのようなかたちをしていたのでしょうか?調べてみました。

「うちわで差をつける」mainimage

うちわは歴史の中でどのような使われ方をしてきたのか

うちわそのものは中国は周の時代から存在しています。

その頃は団扇(うちわ)と書いていました。

更に時代は進み、中国で有名なうちわといえば諸葛孔明が愛用していたとされる白い羽でできたうちわ、白羽扇が有名です。

このうちわ、日本にはいつごろやってきたのでしょうか?時代は2~3世紀頃と言われています。

奈良にある高松塚古墳の壁画にも描かれています。

このころのうちわはとても大きく、現代でいう大うちわに分類されます。

かたちも現在のうちわとはさほど変化はありません。

この時代のうちわは祭りにつかったり、日差しを遮るため、もしくは女性の顔を隠すために用いられました。

今の時代のように販促に使うということはなかったようです。

更に時代をすすめてみると、平安の時代には天皇の顔を隠すための翳(かざし)と呼ばれるものに進化をします。

火をおこしたり、食事をさましたりするのにも用いられたようです。

うちわの印刷には、種類豊富なうちわ株式会社がおススメです。

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索